循環器内科

循環器内科

循環器内科は,信州大学病院 循環器内科より派遣される医師が,

月曜日から木曜日の各半日の外来を5名で分担しています。

当科では特に,高血圧,心臓病(狭心症,心筋梗塞,不整脈,弁膜症,心不全など),動脈硬化症やその危険因子(脂質異常症,糖尿病,慢性腎臓病,睡眠時無呼吸症候群など)を持っていらっしゃる方の診療を担当しています。

危険因子がいくつも重なると動脈硬化による心臓病や血管疾患を合併する場合が多いので,それらの発症予防も大切です。

必要によって専門医に相談して治療を行います。

特に信州大学病院と連携しており,専門的な検査や治療は大学病院に紹介します。

相澤病院とも協力体制があり,このような病院と病院の協力は病々連携と言われ、地域全体でサポートする仕組みとなっており、

専門的な治療後に経過が安定した方が当院に通院することも多いです。

実際に信州大学病院ではこのような医療連携によって,近隣の医療機関への外来通院をお勧めしており,病院、医院の先生方には大変お世話になっています。

私達はこのような良好な医療連携によって,地域の皆様の信頼とご安心に貢献できるように努めています。

また,当院でも当日の迅速な検査結果により,ワーファリンなど調節が必要な薬にも対応できますので,混雑した大学病院の外来よりも当院の外来にご満足して下さっている方も多いです。

 初診の方も毎日受け付けています。

最初から大学病院に受診するほどではないような相談(胸の痛み,動悸や息切れ,むくみなどの気になる症状,血圧や健診で指摘された異常など)でも遠慮なく受診して下さい。

まず私達が対応し,必要によって大学病院の適切な専門医に相談することができます。健康診断の異常から予期しない心臓病が見つかることもあります。

当院では心臓超音波検査(心エコー)も可能であり,各外来担当医が施行しています。

ペースメーカーのチェックも可能です。

なお,診察時間外の循環器診療や,夜間・救急時は当院での対応は困難ですので,信州大学病院の循環器内科や高度救命救急センター,または指定の医療機関に受診していただくこととなります。

 まずは循環器内科の最初の相談窓口として,当院の循環器内科外来をどうぞご利用下さい。

 

 

tantouishi.png

 

shikaku.jpg 伊澤 淳

 

  信州大学循環器科ホームページはこちらから